整体とはどんなもの?

整体とは、体を支えている骨盤や背骨を手技や補助器具で整えたり、矯正・調整したりする施術を指すことが一般的です。骨のズレなどを正しくすることによって筋肉のコリや疲労をほぐします。そうすることで体全体のバランスを整えることができ、体全体の血流が良くなるように促します。

例えばねん挫などで腫れてしまっても、血流がよくなることで痛みが早く引くという場合もあります。整体の施術は、体全体のコリや歪み、骨のズレを確認した後に行います。そのため体の痛みが緩和されるとともに再発しそうな痛みを事前に防いだり、痛みの発祥を遅らせたりできることが特徴的です。痛みがある箇所だけではなく、体全体のバランスを整えることが目的とされています。

定期的に通う整体院があると疲れをとったり、身体を整えるのに良いでしょう。自分の身体をよく知っている整体師さんがいれば安心しますし、怪我をしにくい身体作りもできるでしょう。慢性的な痛みや症状にも整体は向いているとされています。

しかし「整体師」を名乗るのには、法的な規制がないのが現状です。「資格」があるという方もいますが、それはあくまで民間医療の資格があるということになりますので、法的根拠や権利などは存在しません。整体学校というものもありますが、日本の教育基準法に則ったものではないため、卒業しても公的な資格は得られないでしょう。

整骨院(接骨院)とは?

つづいて「整骨院(接骨院)」についてですが、主に突発的な怪我を治す処置や施術を受ける事ができる治療院のことを指します。骨折や脱臼など痛みの発症している一部分に対して、専門的な知識と低周波治療器などの機械を用いて治療するというのが一般的です。整体師とは違い、国家資格「柔道整復師」というものが必要になります。

例えば脱臼をした場合、国家資格をもっていない方が元に戻そうとすると靭帯や関節などを傷つける場合があります。そのため必ず国家資格を持っている者がいる整骨院で治療をしてもらうことをお勧めします。又は整形外科でレントゲンを撮ってもらいましょう。

整体院の整体師と整骨院の柔道整復師の違いである資格ですが、資格がないからといって整体師が技術的に劣っているかというと一概にそうとも言えません。柔道整復師の方が対処の仕方や医療知識が高い場合ももちろんありますが、レベルはやはり個人差がどうしてもでてきます。整骨院でも整体院のような施術をする事があるので、現代では整体院と整骨院の違いが薄くなっている現状もあります。そして唯一保険が適応されるのは、「整骨院(接骨院)」です。整体院やカイロプラクティックや鍼灸などでの費用は全額自費になるため、1回あたりの個人負担は整骨院のほうが低いでしょう。

ただし症状が改善できなければ意味がありません。人によって症状が慢性化してしまっている場合や重度の症状の場合、その人にあった治療をしなければ改善するまでに時間がかかってしまいますし、思うように改善しません。なので、自分がどういう痛みと症状があるのかを冷静に見極め、それぞれの診察と治療内容の考え方を判断していきましょう。

おすすめサイト:立川の整体ならハル整骨院