整体院と整骨院(接骨院)の保険について

保険については、気になるところですよね。整体は基本、民間療法であるため健康保険は使えません。ところが保険を使って整体を受けたことがある人も少なくないでしょう。

それは、なぜかというと「整体」「カイロプラクティック」「マッサージ」という看板の施設で、整体を受けると保険は使えず全額自己負担になるところを「整骨院」「接骨院」の打撲・骨折・脱臼などの治療を目的とする施設で、治療の一環として整体と同様の行為をすることがあります。

そのため「保険を使って整体を受けた」というのは、「整骨院」「接骨院」「鍼灸院」のいずれかで整体を受けたと考えられます。整骨院の中には「整体」「鍼灸院」など両方の記載もあり、整体と整骨の区別がつきにくい施設も増えています。整体院のみであれば、先ほどの通り保険は適応されることはありません。骨折と脱臼になると医師の診断も必要となります。骨折や脱臼の元の形に戻す(整復)という初期治療をした後に、病院で再度診断をしてもらう必要性があるでしょう。

そして、整骨院(接骨院)の保険診療、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷は保険適応されます。例えば、「ぎっくり腰」になったとします。その場合「腰部捻挫」に該当しますが、実際に痛みがある場合は、整骨院(接骨院)で保険診療の適応かどうかは、念のため一度整骨院(接骨院)へ行ってみて聞いてみたほうが良いでしょう。整骨院(接骨院)の保険診療は病院の保険診療とはシステムが異なります。「療養費」と言われているもので、保険適応できる箇所の数には限界もあります。

また、保険請求する場合には、疾患名に○○骨折や○○捻挫などのた疾患名を記入することが一般的となります。