腸内環境の改善

近年、腸内環境という言葉を耳にすることがあるでしょう。健康や体調管理、アンチエイジングまで腸内環境を良好に保つことで様々な恩恵が受けられることが判明してきました。腸内環境の悪化は、特に便秘により腸内に溜まったガスが腸を膨張させてしまい、血管や器官を圧迫し血行を悪くすることが指摘されています。これらは因果関係が証明されたものではないようですが、血液循環の悪化と腰痛などには関連があるように思えます。そのため、腰痛の改善のためにも腸内環境の改善は効果的でしょう。

さて、腸の中にはさまざまな細菌が存在していることがわかってきているようです。これらの細菌には大きく二種類に分けることができ、消化や吸収、分解の働きを助ける善玉菌と、これらの健康を維持する上で必要な腸の働きを阻害する悪玉菌があります。この有害な悪玉菌が増加してしまうと、便秘や下痢といった便通異常を始めとして、肌荒れや発がん性物質の発生などが起きることが指摘されています。この、有害な悪玉菌ですが、腸の中から完全になくなればいいのかというとどうやらそうでもないようです。有害とされる悪玉菌ですが、肉類を分解する効果や、侵入した病原性の菌を追い出す効果もあるようです。そのため、腸内環境というときには、完全に悪玉菌を排除するのではなく悪玉菌と善玉菌のバランスを適切に保つように考えられています。

 近年では24時間営業のお店がコンビニエンスストアのみならず、喫茶店やファミリーレストランなどでも増えてきているように感じます。いつでも手軽に食事が取れることは一見良いように感じますが、一日三食を意識せず小腹が空けば何かを食べているような生活は有害な悪玉菌を増加させることが知られています。腸内環境が悪化すると便秘や下痢などの症状が表れます。一日三食を心がけて腸内環境を整えることで様々な体の不調が改善することでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です