腹部のゆがみ

腹部のゆがみは慢性的な腰痛やぎっくり腰を引き起こすと考えられています。これだけでなく不妊症やうつ病、ノイローゼなど精神的な問題にも影響を与えると考えられています。
腹部はただ内臓が入っている場所だけでなく、整体の面で考えてもとても重要な部分と言えるでしょう。極論を言えばその人の体を変えるための最大のポイントとなると思います。これは腹部には肩胛骨と股関節のバランスや腎臓の状態が強く表れているからです。これは、腹部は足や腕などと異なって他の様々な箇所のゆがみや不調が総合的に反映される場所と言えるでしょう。当たり前のことですが、腹部は人の真ん中に位置しています。そのため体のゆがみは最後に腹部に表れてしまうのです。
 腹部の中心にはへそがあり、整体学的にもへそ人体の発生の源だと考えられています。胎児の頃は栄養つまり命のエネルギーの取り入れ口であり、人間の体の中で最も重要なパーツだと言っても過言ではないでしょう。物質の始まりは球体であり、人の体を丸い球体と考えるならばへそその中心でしょう。
へそは常に開いていることが望ましいと思います。へそが開かれた状態であることで体の伸張力が生まれるからです。脚の後ろや腰の反りの力は、すべてが連動している体を考えるとへその開く力だとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です